70's

クィーン / Queen

クイーン (Queen) は、イギリス・ロンドン出身のロックバンド(1973-2009)。
1973年にデビュー。これまでに15枚のスタジオ・アルバム、その他多くのライブ・アルバムやベスト・アルバムを発表。現在の認定セールスでは、アルバムとシングルのセールスで世界第5位の3億枚を超え、「世界で最も売れたアーティスト」にも名を連ねている。
2001年には、マイケル・ジャクソン、エアロスミスらと共にロックの殿堂入りをした。

 ・クイーン (Queen)のまとめサイト: 100Queen.com

 ・クイーン (Queen)のまとめページ: Queen on 100heavymetal.com

フレディ・マーキュリー(vo), ブライアン・メイ(g), ロジャー・テイラー(ds), ジョン・ディーコン(b)の4人で1971年にロンドンで結成され、1973年にデビュー。
ドランティックで明快なハード・ロックと美形揃いのビジュアルでまず日本で人気に火がつき、徐々に英米での評価が高まる。
1975年に「ボヘミアン・ラプソディー」と『オペラ座の夜』の大ヒットで地位を不動のものとし、その後、幅広い音楽性で多くのヒット曲・名盤を発表。
イギリスの国民的バンドとなる。

1991年に『イニュエンデュ』を発表するが、

1991年11月にフレディー・マーキュリーがエイズで逝く。そのため、バンドは活動停止状態となる。
2005年~2009年には、クィーン+ポール・ロジャースとしてツアーを行い、『ザ・コスモス・ロックス』を発表している。

クィーンの音の特徴: エレクトリックギターをダビングすることによって作られる「ギターオーケストレーション」と、マーキュリー、メイ、テイラーの3人のメンバーが声のパートを重ねることによって作られる重厚な「コーラス」が、特に初期に目立ったサウンド上の特徴といわれている。