Guns N' Roses / ガンズ・アンド・ローゼズ - 100HardRock.com

Guns N’ Roses / ガンズ・アンド・ローゼズ
Biography

ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses/略称GN’R)は、アメリカ合衆国出身のロックバンド。
1980年代末から隆盛を極め、全米で4,200万枚、全世界で1億枚以上のアルバムセールスを記録。世界的にもトップクラスのロックバンドとして認知された。その後、活動縮小した時期が長らく続いていたが、2000年代中頃からまた活発な展開をしている。
2012年に「ロックの殿堂」入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第92位。

 ・ amazon : Guns N’ Roses / ガンズ・アンド・ローゼズ

 ・ spotify : Guns N’ Roses / ガンズ・アンド・ローゼズ

Guns N’ Roses : ガンズ・アンド・ローゼズの活躍

1985年3月、Hollywood Roseのアクセル・ローズとイジー・ストラドリン、L.A.Gunsのトレイシー・ガンズらによって結成される。バンド名は、互いの前身バンド名を組み合わせ、Guns N’ Rosesと名付けられた。
ベーシストのダフ・マッケイガン、ギタリストのスラッシュ、ドラマーのスティーヴン・アドラーが加入し、初期ラインナップが完成する。なおこの頃、アクセル・ローズに5万ドルで引き抜きの話がきたが、「こんな金額じゃガンズ・アンド・ローゼズにははした金だ」と言ってそのオファーを蹴っている。

1986年3月、契約金7万5000ドルでゲフィン・レコードと契約を締結。同年末に疑似ライヴEP、Live ?!*@ Like a Suicideを1万枚限定でリリースし、レコードデビュー。自主レーベルを装ってゲフィン傘下から発売され、すぐに完売した。

1987年7月、アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』でデビュー。全米ビルボード初登場182位。リリース直後には、ロボットが女性をレイプするジャケットの絵柄にクレームが付き、アクセルの右腕のタトゥーである十字架柄に変更するなどのトラブルもあった。当初、バンドメンバーのアルコールやドラッグの問題から、MTVがミュージック・ビデオの放映を拒否するが、ゲフィン・レコードの上層部の説得で「ウェルカム・トゥー・ザ・ジャングル」が放映されると一気に人気に火がつき、50週間後に1位まで昇り詰め、今までにアメリカで1800万枚以上、世界中では3000万枚近くも売り上げている。このアルバムからのリカット・シングル「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」は全米1位に輝き、「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」や「パラダイス・シティ」なども全米10位内にチャートイン。

1988年、Live ?!*@ Like a Suicideにアコースティックソング4曲を加えたEP『GN’R ライズ』をリリース。『アペタイト・フォー・ディストラクション』に続くスタジオ・アルバムまでの繋ぎとして発表された。
このEPは、1989年5月にはチャート2位までランクアップし、2作とも全米アルバムチャートのトップ5にランクインさせた。今までにアメリカ国内だけで500万枚以上、全世界累計では1200万枚以上も売り上げている。

1991年、4年ぶりのスタジオ・アルバム『ユーズ・ユア・イリュージョン I』『ユーズ・ユア・イリュージョン II』を2作同時リリース。世界中のチャートで1位、2位を独占、現在までに合わせて約3000万枚も売り上げている。同年秋、ギタリストのイジー・ストラドリンが脱退。元Candy、元Kill For Thrillsのギルビー・クラークが加入。後にアクセル・ローズは当時を振り返って、同年の『ユーズ・ユア・イリュージョン』ツアーに出たことがオリジナル・ラインナップの崩壊につながったと主張している。
1993年、パンク楽曲を中心にしたカバーアルバム、『ザ・スパゲッティ・インシデント?』をリリース。全米4位にチャートイン。同年、約2年半続いたワールドツアーを終了。合計約700万人以上を動員し、アメリカの経済誌「フォーブス」による「世界で最も稼いだバンド」で1位に。

1997年、アクセル・ローズがGuns N’ Rosesと言うバンド名を法的に獲得。同時期にマット・ソーラムが解雇される。
1998年春頃、ダフ・マッケイガン脱退。オリジナルメンバーはアクセルだけとなる。

2008年3月27日、アクセルは公式サイトにて、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのマネージメントでもあるアーヴィン・エイゾフが率いるエイゾフ・ミュージック・マネジメントと新たに契約したことを発表。同年10月16日、ユニバーサルミュージック公式サイトにて、年内に新アルバムを世界同時リリースすると正式発表。その後、未発表曲9曲を自身のサイトで流したブロガーが著作権法違反の容疑で逮捕される事件も起きた。 同年11月23日、アルバム『チャイニーズ・デモクラシー』をリリース。

2012年にロックの殿堂入りを果たした。