60's

レッド・ツェッペリン / Led Zeppelin

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin, 1968年 – 1980年)はイギリスのロックバンド。
名実共に1970年代を代表する世界的なバンドであり、ヘヴィメタルを生み出したバンドである。略称は、ZepもしくはLed Zep。
1968年にデビュー以来、今も世界的な人気を誇るロックバンドである。
1960年代中頃、イギリスの若いミュージシャンの間ではプログレッシブ・ロックがブームとなっていたが、彼らは後の世代にヘヴィメタルと言われる音楽を世界中に知らしめた。

 ・レッド・ツェッペリン (Led Zeppelin)のまとめサイト: 100zep.com

アルバムセールスや観客動員数でも記録破りであった。現代においても、アルバムはアメリカだけでも毎年100万枚、通算で1億枚を超え、エルヴィス・プレスリーやザ・ビートルズ に匹敵する実績を持っている。なお、全世界でのアルバムセールスの累計は、現在のところ3億枚を突破している。
1995年にロックの殿堂入りを果たし、2004年には日本ゴールドディスク大賞を受賞。2005年にはグラミー賞(功労賞)を受賞。2006年にはUKミュージックの殿堂「UK Music Hall Of Fame」入りを果たしている。

ヤード・バーズ解散後の1968年、ジミー・ペイジ(g)は、
ロバート・プラント(vo), ジョン・ポール・ジョーンズ(b), ジョン・ボーナム(ds)と新たなバンドを結成。
当初、ニュー・ヤードバーズと名乗っていたが、すぐにレッド・ツェッペリンと改名。
1969年1月のファーストアルバムを、同年秋にはセカンドアルバムを発表。
ブルースを下敷きにしたパワフルな演奏とそれと互角に渡り合えるプラントのヴォーカルは、瞬く間にロック界を席巻する。

レッド・ツェッペリン のまとめページ: http://100heavymetal.com/LedZeppelin.html

その後、フォーク/トラッド/レゲエ/中近東など多彩な音楽性を取り入れ、
「レッド・ツェッペリンⅣ」で「天国への階段」をはじめとする名曲、名盤を発表。
1980年にボーナムの急死によって解散するまでハード・ロックの王者としてシーンに君臨した。
2007年に一夜限りの再結成を果たした。